2018年01月09日

新年のご挨拶








新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

皆さまお正月は、いかがお過ごしになりましたでしょうか?

私は、元旦早朝、一念発起近くの平戸街道を歩きつつ
宮地嶽神社、八幡神社に初詣に行って参りました。

家内安全、医院繁盛。

あとは、毎年恒例のダラダラ病を発症。
その分久しぶりに、子供たちと、
ゆっくり話しをすることができました。

爺&婆もそこそこ元気で過ごすことができ、
健康のありがたみを実感することができました。

今年は、医院改革の最重要年と位置づけ、
さらなる進化をしたいと思っております。

今後とも皆さまの多大なるご協力の程
宜しくお願い申し上げます。


内田

  


Posted by uchidadc  at 09:01Comments(0)院長ブログ

2017年10月05日

高齢者歯科・訪問歯科セミナー出席

先日、IDI(歯科医療情報推進機構)
主催の上記セミナーに
出席しました。






これからの超高齢社会に向け
訪問診療は、益々ニーズが
高まると考えられます。
このセミナーをきっかけに、
当院でもさらなる進展をと
思っています。

内田  


Posted by uchidadc  at 13:05Comments(0)院長ブログ

2017年06月28日

セミナー受講

6月は、毎週日曜日セミナーへ

出席しました。

生田セミナー(再受講)6/11

口臭セミナー6/18

床矯正セミナー6/25

どの研修会も、

今後の内田歯科医院の

診療システムに直結した内容の

セミナーで、

これから、患者様へ還元できる

セミナーでした。











内田  


Posted by uchidadc  at 18:28Comments(0)院長ブログ

2017年06月01日

プチトレッキング

今年の春から、次男と
プチトレッキングを始めました。
まだ、登った山は、
それほど多くはありませんが、
少しずつ。。。登攀距離を伸ばし、
ゆくゆくは山中泊し、山頂を目指す
本格登山へ挑戦できればと思います。

現状は.....余裕で登る息子をしり目に、
息も絶え絶え付いて行くのがやっと!

毎回、中年の体力のなさを
思い知らされます。

山登りは、人性の浮き沈み
にも例えられ、
登っている時は、
自然と頭が下がり(謙虚になり)
下っている時ほど、
ケガしやすく(晩節を汚す)、
慎重に歩みを進めなくては・・と。
それでますます息子との
歩行間隔が空いてしまいます。







佐賀・天山




内田




  


Posted by uchidadc  at 18:01Comments(0)院長ブログ

2017年04月11日

恩師との再会

先日、大学院時代、私の研究を
直接ご指導いただいた恩師に
お会いしに、北九州まで行って
きました。







当時、先生は九州歯科大学
口腔細菌学講座の助教授であり、
骨の再生、吸収メカニズム研究の
第一人者。

私の研究テーマであった
「歯周病におけるサイトカイン
(IL-1、TNFα)の定量 分析 」で免疫学
の立場から懇切丁寧に
ご指導いただきました。

研究が佳境に入る院3年生の
時期に、恩師の英国留学が決まり、
どうしても行き詰まった折には、
ロンドンの研究室へ国際電話をかけ、
助言をいただき、何とか論文を
まとめる事が出来ました。







先生の様な、地道な、かつ独創的な
研究や発想はとても私には
できませんでしたが、
柔軟な物の見方、考え方を
垣間見た事が、
その後の人性の節目節目で
役立った様 に思います。


光陰矢の如し。教授となられ、
はや時は過ぎ、
今年3月にて退官されるとの事、
6月に恩師を囲み我々弟子達との
祝賀会(飲み会)を企画しており、
そのご挨拶も兼ねお会いした次第。

当時と変わらぬ、優しい眼差しや、
人を思いやる言動に再び触れる事
ができ、心和むひと時を過ごさせて
いただきました。







久々に、恩師から元気をもらい、
北九州への日帰りもなんのその、
翌日も気分良く仕事ができました。






『我々の頃とは段違いの歯科大学ビル』




内田
  


Posted by uchidadc  at 13:11Comments(0)院長ブログ

2017年03月25日

街道ば、ゆく


今回は、駅伝で有名な大学数校が、
合宿を行なっているという鹿島市へ。

長崎街道多良通沿いの鹿島宿界隈を
サンポしてきました。

長崎街道嬉野宿から塩田通を経て
鹿島宿へ歩いて....というのが本来ですが、

今回は車で鹿島市内まで直行。








鹿島城跡赤門、大手門
旭ヶ岡公園、松陰神社など














もうすぐ桜の開花時期ですが、満開の頃は
さぞかし綺麗でしょうね。








あとは、もう一つの目的地、
日本三大稲荷の一つ
祐徳稲荷神社へ.....御礼参り






家内安全、医業繁盛を願掛け

奥の院を参拝しました。






内田

  


Posted by uchidadc  at 13:25Comments(0)院長ブログ

2017年02月13日

親子三代

近況報告
私: 今年も、お正月から1ヶ月が過ぎ、
粛々と仕事してます。
斬新 なテーマが見つからず、
ブログも久々です。

今年から、新たな臨床検査キット
を導入し、安心、安全そして
最新の歯科医療
を目指したいと思います。

翁爺: 先月、誕生日を迎え、
九十二になりました。
だいぶ、足腰は衰えましたが、
お蔭様で、頭の中身は至ってクリア‼︎
母も、そこそこ元気で、二人揃って
頑張ってくれています。
介護の心配がなく大変助かっています。

息子: 先日から、
とうとうインフルエンザに
罹ってしまった次男。
いつもがとびっきり元気なだけに
熱でぐったりの姿に、
小心モンの私は内心
ハラハラドキドキ。
現在快復中。


それぞれの耳

次男坊







翁爺



三代の耳.....受け継いでいるのは間違いない!


内田




  


Posted by uchidadc  at 13:13Comments(0)院長ブログ

2016年12月21日

床矯正症例検討会セミナー


11月最後の日曜日、福岡で開催
された床矯正研究会主催の
セミナーに参加しました。







床矯正の基礎から応用まで
幅広い内容で、大変有意義な
セミナーでした。


内田  


Posted by uchidadc  at 13:21Comments(0)院長ブログ

2016年11月12日

開院記念日


平成8年11月12日、当院が現在地に
移転開業して、
今年で20年になりました。

これも偏に、地域や患者の皆さま、
歯科医師会の諸先生方、
歯科業者関係各位のご指導ご支援
の賜と厚く御礼申し上げます。

そして弊社職員、家族にも改めて
感謝致します。
本当に有難うございます。


















前院長(父)が、現在地から
約200m西の通り沿いに、
診療台数2台で内田歯科医院
を開業したのが、
昭和44年7月。

当時2階建の借家に1階が診療室、
2階が住まい。
私は、いつもタービン(歯を削る
ドリル)のキーン という金属音と、
独特の歯科材料の異臭(ツーン
と鼻につく)の中で
日々生活していました。

小学校時代から、歯医者の
良し悪しをギャグにして
いましたし、その頃から
ゆくゆくは後を継ぐのかなと
ぼんやりと思っていました。

福石中学、佐世保北高校から

福岡歯科大学、九州歯科大学大学院
を経て、
一時は研究生活を夢見ていましたが、

う余曲折を経て、地元に戻ったのが、
平成3年。
人も羨む親子診療、しかし実態は、
様々なことで
意見が異なり、毎日が衝突の連続。

しかも、患者さんは全員父親の
いわば信者さん。
お父さんの言うことはなんでもOK。
息子の診療?あの若先生大丈夫?
とばかりに、ひどい時には、
私の顔を見るとスーッと
お帰りになる患者さんもいるほど。

そりゃそーです、経験年数だけは、
絶対に超えられない。
そんな体験から、
どうしたら患者さんの信頼を
得ることができるのだろうと、
父の背中を必死で
追いかけていました。





  〔20周年記念講演会・セミナーより〕





それから、四半世紀。
時が経つのは早いもので、
代変わりして10年が経ちました。

移転開業した当初、父は70に近い
年齢ながら、心機一転モーレツに
また頑張り、
80歳を越えても現役を続けました。
現在、齢九十、さすがに患者さんを
診ることはありませんが、たまに、
診療室に顔出すと、
旧診療所時代からの患者さんと昔話に
花を咲かせています。





  



 〔現スタッフと前院長夫妻を
       交えての食事会〕




振り返って現在の、自分の年齢から
してあと何年頑張れるのだろう?
いやあと何年生きられるのか?
そんなことをふと想う歳に
なりました。

またまた大きな壁…


なかなか前院長に追いつききれない
私ですが、だからこそ陰日なたになり、
支えてくれる父をはじめ、これまで共に
汗を流してくれた旧職員、現スタッフ、
そして家族に…本当に深謝致します。

最後に…旧診療所時代から数えて
通算で47年。
100年の老舗にはまだまだ及びませんが、
患者さまには、これからも、
なお一層のご指導、ご鞭撻の程
よろしくお願い申し上げます。


内田聡

  


Posted by uchidadc  at 21:12Comments(0)院長ブログ

2016年09月02日

欠損歯列・欠損補綴セミナー受講

8月27日(日)、福岡にて開催された
セミナーを受講しました。






講師は、東京・新宿でご開業の
宮地健夫先生。
咬合の崩壊度を見極める「咬合三角」
「欠損ダイヤ」などの
講義と実習を行いました。
患者さんの10年〜20年〜30年〜40年にも
亘る長期経過例を示していただき、
口腔内写真など記録を残す大切さを
改めて感じ、
大変有意義なセミナーでした。


内田  


Posted by uchidadc  at 18:02Comments(0)院長ブログ